事務局

事 務 局

事務局長  今井 三偉

事務局次長 黒田 隆太

事務局次長 石川 雅博

【事務局長方針】

今まで54年間、諸先輩方が培ってきた、弛まぬ努力によって、勝山青年会議所はさまざまな事業を行い、活動し、継続してきました。その想いを引き継ぎ、そして、推進していくためには、確固たる組織運営をしていかなければなりません。そのため、メンバー間の強固な結束、関係諸団体との繋がりを意識しながら、伝統をしっかりと引き継ぎ、合理的にかつ効果的に進化し続けていく必要があると考えています。

まずは、理事会、総会その他の会議の円滑な運営を行っていくこと。円滑な運営を実現するためには、メンバーとの協調、共創が必須事項となってきます。今年のスローガンである心を合わせ、お互いを敬っていく「和敬静寂」のもと、組織運営を盤石なものとするために、メンバー一人ひとりとコミュニケーションをスムーズにしなければなりません。メンバーへの即したフォローが効率的にできるよう、インターネットサービス等を使用した合理的な運営を行っていきます。また、円滑な会議運営を行っていくために、伝統を守りつつ今まで行っていた業務の精査、改善を実施し、今に即した運営を行っていきます。さらに、勝山青年会議所の活動をより多くの方へ伝えていくため、ホームページの情報更新を的確に行い、活動の認知度向上、関心度の向上に努めてまいります。LOM内の活動だけではなく、日本JC、地区、福井ブロック協議会の情報共有や参加も促していきます。

最後に事務局長として事務局の職務はもちろんのこと、勝山青年会議所の事業全体を円滑に進めていくため、他の委員長としっかりと連携し、メンバーそれぞれと綿密なコミュニケーションを図っていくことを目指していきます。メンバー一人ひとりが当事者意識を持ちながら課題を認識し、積極的な活動ができるよう縁の下の力持ちとして青年会議所全体をしっかりとサポートしていきたいと考えています。

<運営方針>

1.時代に即した運営体制の構築

2.正確でスムーズな会議の運営

<事業計画>

・理事会、総会その他諸会議の円滑な準備と運営

・ホームページの管理運営、情報の発信

・災害ネットワーク担当

・日本、地区、ブロックの対応

・若いわれらの発行

・例会の開催(1月、4月、6月、12月)