会員拡大委員会

会員拡大委員会

委員長  黒田 隆太

副委員長 齋藤 渉圭

【委員長方針】

若い世代の人口減少が加速するなか、この勝山青年会議所においても会員の減少が続いており、会員拡大が急務となっています。メンバーの増加は勝山青年会議所に新しい風を吹かせ、互いのメンバーの成長を促し、魅力あふれる組織、ひいては魅力あふれるまちを「そうぞう」していけます。

しかし、世界を変えた新型コロナウイルスの影響により、積極的な会員拡大活動を展開することが難しくなっており、会員拡大においても従来のもの以外の活動もしていく必要があります。まずは、会員拡大の基礎となる拡大リストの改定や更新、メンバー全員に公開を行い、メンバーが拡大に向かっていく、きっかけを作っていきます。さらに、例会のオブザーバー参加よりも参加のハードルが低く、現役メンバーと交流できるような会を企画し、候補者に勝山青年会議所を知ってもらう機会を増やしていきます。そして、すべての会員拡大活動をメンバー全体に周知していき、メンバー全員が、会員拡大に当事者意識を持って取り組んでいけるようにします。

私は幼少時、勝山青年会議所のクリスマス例会、左議長、キャンプ、などを見たり参加したりしてきました。かなり小さかったこともあり、あまり詳細には覚えていませんが、楽しかったことだけは確実に覚えています。青少年育成事業をするにあたって、今の子供たちに大人になっても、楽しかったと笑顔で覚えていられる事業を展開していきたいと思っています。そういった、子供時代の笑顔の記憶こそが、大人になってからも勝山で、暮らしていきたいと思える、郷土愛を育んでくれるのではないでしょうか。

今年度、会員拡大と青少年育成を通して、老若男女さまざまな人と関わっていくことになると思います。そして、勝山青年会議所に関わったすべての人が、笑顔で充実した時間を過ごせるように邁進していきたいと思います。

<運営方針>

・委員会メンバーが自分の役割を自覚して活動できるようにする。

・新しいことに積極的にチャレンジしていける環境を作る。

<事業計画>

・青少年育成事業

・新入会員オリエンテーションの開催

・例会の開催(2月、5月、8月、11月、)