8月例会 「過去の計画書から学ぼう」

8月例会 「過去の計画書から学ぼう」

青年会議所の例会構築の過程として、先ずは委員会にて計画書を作成し、それを理事会に上程(懇談・協議・審議の3段階)します。

しかしながら、現在は活動年数の浅いメンバーが多く、事業を構築する上で大切な「背景の根拠」を見つけることが難しい状態です。

そこで本例会では、過去の計画書を基に、 2グループに分かれ模擬委員会を行い、 事業内容を改善する事を意識しながら、仮の事業を構築してもらいました。

最後に計画書の発表があり、メンバーには事業を行うまでの計画がどのように行われているのか、また計画を進める中で問題を見つける視点を学んでもらいました。

「明確な問題を見つける・改善点を見つける・聞き出す能力」が習練できたことで、 一人で考え例会を構築する力はもちろん、皆で考え構築する事の重要性と楽しさも感じることができ、次年度以降の運営(理事者就任)への不安解消にも繋がったのではないかと感じました。