5月例会「Process of life ~自分のプロセスを楽しもう~」

福井県立勝山高等学校にて、高校生を対象とした5月例会を開催しました。

はじめに青少年育成委員会委員長の鵜山くんが自身の経験や考えをもとに、目的の定め方の重要性について講演しました。

その後、総合(勝山高校での授業カリキュラム)で定めた目的と、目的達成に向けた行動目標について、ディスカッションを行いました。
そして、高校生に一人ずつ目的と行動目標を発表してもらい、目的を持つ事への意識をさらに高めました。

高校生にしっかりとした目的を持つ意識を持ってもらう事ができました。
この意識をもって、これからの高校生活、その先にある社会人生活において何度でも立ち上がれる青年へと成長していただきたいと思います。

カテゴリー: 一般記事

4月例会「勝山市民とともに考える未来への共通目標」

勝山市民に対しSDGsにあてはめたアンケートを実施し、
青年会議所メンバーで市民の声を把握していきました。

3~4人のグループに分かれメンバー個々の意見と、市民に向けたアンケートの集計結果を基に、勝山の課題、それに対する原因、対策、結果、効果、目標を考えまとめました。

そして勝山青年会議所が考えるSDGs目標として設定し、未来を懸けるための持続可能な発展の課題、目標として発表しました。

アンケート調査の集計結果については、勝山市にも提出します。
市民の声を行政とも共有しパートナーシップ組むことで、未来に、住みやすく、活気のあるまちになるための新たな取り組みや幅広い活動を行うことが出来るのではないでしょうか。

 

カテゴリー: 一般記事

3月例会「会員拡大ディスカッション」

本年度は3月20日にブロック公式訪問を開催しました。
勝山青年会議所と福井ブロック協議会、お互いの本年度方針を報告しました。

 

 

本年度はブロック公式訪問とは別枠を設けて、3月例会を開催しました。
会員拡大活動についてのディスカッションを通じて、福井ブロック協議会役員の考え方や表現方法を真正面から体験することができました。

 

 

「会員拡大をする理由」「会員拡大の手法」「会員のフォロー」の3つのグループに分かれ、会員拡大の異なるテーマについて論じました。
福井ブロック協議会に参加された経験のあるメンバーは、会員拡大をアプローチしていく多様性を発見することができ、新入会員は福井ブロック協議会組織全体の理解を深める第一歩となりました。

 

本例会の福井ブロック協議会役員とのディスカッションを体験することで「個」の基軸となる、考え方や表現方法の多様性を得ることができました。

カテゴリー: 一般記事

2月例会「勝山左義長まつり参画事業」

勝山青年会議所が、30年以上参画してきた勝山左義長祭り。

本年度も全員が一致団結し、祭りを盛り上げました。

例会セレモニー

 

ご神体の設営

 

ご神体の神事

 

左義長櫓でのおやきまきの告知

 

おやき・駄菓子まき

 

 

ご神体を河原に移動

 

ご神火送り

 

左義長祭りを通じて、まち全体の活気あふれるまつりを創出し、まちの人々の観光客に対するおもてなしの意識をさらに高めることができました。

カテゴリー: 一般記事

1月定時総会 及び 1月例会「新年会」

2019年度勝山青年会議所の幕開けとなる事業、1月定時総会及び1月例会「新年会」を開催しました。神明神社の参拝では、一年間の安全と事業の成功を祈願し、清々しく気持ちを改めることができました。

 

その後、魚清さんに移動して1月定時総会を開催しました。前年度の事業報告と本年度の予算が可決され、滞りなく運営組織の継承が行われました。

 

新年会は先輩4名にご出席いただきました。理事長より青年会議所活動にかける熱意、各委員長からは情熱のこもった決意表明をいただき、先輩方には本年度のスローガンである「運命を変える歴史的瞬間」を感じていただけたのではと思います。

 

また本年度の抱負を短冊に綴ることで、各々の目指す目標を明確に設定できたのではないでしょうか。

   

エール交換では飴本先輩から感動的なメッセージをいただき、勝山JCが唯一無二の経験を与えてくれる組織だと感じました。

 

先輩方から受け継いだ熱い思いを胸に、一致団結して本年度の目標である「個」がより大きな「合」になる2019年を実現していきたいと思います。

参拝した場所:勝山神明神社
住所:福井県勝山市元町1-19-24
電話:0779-88-1877

新年会及び総会 開催場所:魚清
住所:福井県勝山市本町 2-6-3
電話:0779-88-0135
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休

カテゴリー: 一般記事, 事業, 例会

理事長挨拶

勝山青年会議所のホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。また、多くの皆様から格別のご理解とご協力を賜りまして、会を代表して感謝申し上げます。2019年度、公益社団法人勝山青年会議所 第51代理事長を務めさせていただきます、山本泰司と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

2019年度は、創立50周年という節目の翌年として様々な事が変化していく中での第一歩目となりますが、勝山青年会議所はメンバー19名でスタートします。そのうち半数以上が入会3年未満の組織構成でのスタートとなります。今年度勝山青年会議所では『運命を変える歴史的瞬間~突き抜けた「個」の「合」が奏でるメロディー』をスローガンに、「友情」「奉仕」「修練」の3信条のもと「自分づくり」「人づくり」「まちづくり」を一人ひとりが果敢に挑戦していきます。そして、2019年度において「希望溢れる探究心」「心の拠り所となる信念」「百折不撓の行動力」を指針として、魅力ある勝山を市民の皆様やこれからを担っていく子供たちのためにも、もっと好きになってもらえるまちを共に目指していけるよう、努力してまいります。

壁にあたる時もあると思います。苦悩して、周りに迷惑をかけるかもしれません。それでも家族や会社、友人、周りの人たちに支えられながらも、情熱を内に秘めながら青年としての特権でもある失敗と挑戦を繰り返しながら活動してまいります。引き続き皆様からまちを愛する青年の運動へのご理解と、多くのご協力、ご指導、叱咤激励を心よりお願い申し上げます。

山本泰司

2019年度理事長 山本 泰司

 

カテゴリー: 一般記事