事務局

事務局

事務局長 黒田 隆太

事務局次長 大平 重寿

事務局次長 加藤 翔一

【局長方針】

これまで勝山青年会議所は創立以来、明るい豊かな社会の実現に向けて様々な活動を展開し、事務局は運営の基盤としてその活動を支え続けてきました。

本年の勝山青年会議所の活動は、例年の継続事業に加え、記念式典や記念事業が行われ、大変多忙な年となります。これを乗りきり輝かしい一年とするためにはメンバー一人ひとりが高い目標を持ち、力を合わせて各事業にあたる必要があります。また、創立50年の節目を迎える我々は、これまで先輩諸兄が築き上げてきた功績に改めて敬意を表するとともに、伝統を受け継ぎ、発展させていかなければなりません。このことは私達に与えられた使命であり、これを実現するためにはより堅実な組織運営が必要となります。

まずは堅実な組織運営を行うにあたり、各事業を審議する理事会を定款に則り、迅速で円滑な運営に努め、議事録の作成をします。それにより建設的な議論ができ、よりよい事業を構築していけます。そして、早めの出席確認をとることでメンバーの予定を立てやすくし例会や事業などへ参加を促します。さらに、ブロック公式訪問において意見交換会を開くことで、ブロックへの興味を持ち、理解を深め、ブロック行事への参加率の増加を図っていきます。

また、先輩諸兄が長年かけて築き上げてきた青年会議所活動の認知と理解を対外的により一層深めるために、ホームページやフェイスブック等の各種コミュニケーションツールを適切に活用し、我々の活動情報を随時発信するほか、対外広報誌「若いわれら」の編集・発行を通して発信を行います。

組織運営を陰で支える者として与えられた役割を堅実に全うしていきます。その中で、事務局が満足に機能しなければLOM全体が機能しなくなるという気概を持ち、50年間積み上げてきた勝山青年会議所の活動を守り、そしてさらに飛躍させ、地域の発展と自己成長を求めて励んでいきます。

 

 

<運営方針>

1.堅実な会議運営

2.迅速かつ正確な情報発信と伝達

 

 

<事業計画>

1.理事会、総会など会議の円滑な準備と運営

2.ホームページの管理運営、情報の発信

3.災害ネットワーク担当

4.日本、地区、ブロックの対応

5.若いわれらの発行

6.マイナンバーの保管、管理

7.例会の開催(1月 3月 10月 12月)