会員拡大・50周年準備室

会員拡大・50周年準備室

室長   奥島 康弘

室次長  山本 泰司

室次長 冨士根 康人

【室長方針】

一人ひとりが青年会議所の魅力や会員拡大の必要性を考え、拡大ツールから決められた役割に立ち向かい、地域のリーダーとしての矜持をもって拡大活動をしていけるようにします。そして、拡大の成果や情報を話し合いメンバーで共有し、一つ一つ課題を一丸となり打破していくことでメンバー同士の結束を強めていきます。また、会員拡大をより意欲的に行うために、福井ブロック協議会や各地会員会議所と連携を図り、拡大活動の向上をしていきます。そして、限りある時間の中でメンバーが積極的に活動に取組む姿は、地域を牽引していくリーダー性を育み一人ひとりの成長につながります。メンバー一人ひとりが心と力を養い勝山青年会議所をより強くし、市民に勇気を与え温もりのあるJAYCEEを目指します。自らが青年会議所の代表として自信に満ち溢れる姿で会員拡大を意識する事がさらに大きな希望の和となります。

来年は勝山青年会議所が設立され半世紀という大きな節目の年です。本年度は50周年式典を迎える重要な準備をする一年と考えます。周年式典を経験したことの無いメンバーが大半を占めているため、各地会員会議所の周年を感じます。この50周年式典を経験できる事は我々にとって何物にも代えがたい経験になる事でしょう。全員の力を集結し、周年式典を成功に収めていく事で更に強固な団結力を高めていきます。メンバーで先輩方の想いや積み重ねてきた歴史をしっかりと伝承し、活力溢れ情熱ある勝山青年会議所を対外に発信する機会になります。50周年準備室を設立する事によりメンバー全員が周年式典に向け一致団結し何をすべきか、何ができるか検証し翌年50周年式典を成功に収めた時、JAYCEEとして成長でき自信に満ち溢れたJC活動ができると確信しております。

 

<運営方針>

1.全員が役割を持ち、協調性を保てる運営

2.勝山青年会議所にふさわしい式典の立案と準備

 

<事業計画>

1.新入会員オリエンテーションの実施

2.会員拡大担当

3.創立50周年を見据えた運営

4.例会の開催(4、6、8、11月)