事務局

事 務 局

事務局長  太田 清文

事務局次長 嶋田 有希

【局長方針】

本年で勝山青年会議所は、創立49年を迎えます。明るい豊かな社会を実現し、この勝山を良くしたいという強い志を持った先輩諸兄が築き上げてきた勝山青年会議所の歴史と伝統を、我々は受け継ぎ、そして次世代に繋いでいかなければなりません。本年度の勝山青年会議所は、入会3年未満のメンバーが半数以上を占めています。その体制の中で、メンバー全員が勝山青年会議所の一員として誇りを持ち、強い責任感と主体性を持って力強く歩んでいく必要があります。メンバー同士結束を強め、切磋琢磨しながら共に成長していき、永続的な組織基盤を構築していかなければならないと思います。

本年度も事務局は、総会、理事会など各種会議の円滑な準備・運営を行います。今年度は各地会員会議所の周年式典が行われるため、早めの連絡・情報共有により、各メンバーがスケジュール調整しやすいよう心掛け、参加率の向上を図ります。そして、日本JC・地区・ブロック協議会の事業についても、素早い情報提供と積極的な参加を促していきます。志を同じうする各地会員会議所メンバーとの新たな交流による人的ネットワークの拡大は、メンバー自身また、LOM事業にも得るものは大きいはずです。

また、勝山青年会議所の魅力溢れる運動を積極的に世の中に伝えていく為に、現代社会における強力な情報発信源であるホームページ、フェイスブック等のSNSを使い、迅速に発信していきます。そして対外広報誌「若いわれら」についても例年通り発行し、勝山青年会議所の取り組みを地域の皆様へ幅広く周知し、理解を深めて頂きたいと思います。これらの広報活動の強化により、我々の組織について一人でも多くの方に興味や関心を持って頂き、会員拡大にも繋げて行きたいと考えます。

事務局は上記活動をやり遂げ、縁の下の力持ちとして、明るい豊かな社会の実現に向けたメンバー一丸となった取り組みを力強く支えていきたいと思っております。

 

<運営方針>

1.スムーズな会議運営

2.迅速な情報伝達

 

<事業計画>

1.理事会・総会その他諸会議の円滑な準備と運営

2.ホームページの管理運営、広報活動

3.災害ネットワーク担当

4.日本・地区・ブロックへの対応

5.若いわれらの発行

6.マイナンバーの保管、管理

7.例会の開催(1、3、10、12月)