8月例会 「勝山市わがまち魅力発散事業 かつやま魅力発見!ジオツークエスト~探せ!かつやまの宝~」

勝山市は、一昨年「恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク」が再認定されました。

ジオパークとは「大地の公園」という意味で、ジオパークの活動は『「保全」大地の遺産を保全する・「教育」大地の遺産を教育に役立てる・「ジオツーリズム」知識と理解の獲得を目指す観光』と3つの指針があります。

この3つの指針に基づき、わがまち魅力発散事業助成金を活用し子どもたちにジオサイトの魅力や勝山をより知ってもらい、また同時に市民の方とふれあう機会を提供したいと、8月19日(土)に8月例会 勝山市わがまち魅力発散事業 かつやま魅力発見!ジオツークエスト~探せ!かつやまの宝~を開催いたしました。

子ども達を1グループ3人~5人で編成し、指令所と宝の地図を渡しました。

メンバーが子供たちに説明し、

子供たちは、集合場所である勝山市民会館をあとにしました。

 

指令所に書かれているジオサイトにはメンバー手作りの宝箱があり・・・

その宝箱を探し、宝をゲットして、ゴールを目指しました。

各ジオサイトでは、ジオの問題を出しました。

 

最終目的は「花月楼」だったのですが、

花月楼に入るには、最後の難所?!

「花月楼隣地公園」で、大清水の水を汲み水鉄砲でつるされたペットボトルを落とさなければ入れませんでした。

全員が無事に花月楼へ入ることができ、そこで昼食をいただきました。

その後、「まちなかジオサイトで興味があった所」をグループの代表者に発表してもらいました。

 

この事業によって、子供たちが自分たちが住む勝山の魅力の発見し、ジオサイトの理解が深いものとなりました。

 

また、市内の方々にもご協力していただき、人とのふれあいを感じられました。

 

ご参加していただきました皆さん並びにご協力してくださいました市内の方々、誠にありがとうございました。

 

カテゴリー: 事業, 例会   パーマリンク