8月例会「KARTsuyamaで学ぼう!」

8月例会「KARTsuyamaで学ぼう!」と題して雁が原スポーツランドにて、勝山市わがまち魅力発酵事業助成金対象事業を開催しました。青少年と一緒にレーシングカートを組み立て、恐竜渓谷ジオパークを考えたペイントを施しました。カートが完成した後は、車のタイヤで仕切られたコース内に入り、リレー形式での走行を楽しみます。ただ走行するだけではバトンが渡らず、最後にジオに関する問題を解いて正解が出来れば完走です。あらかじめ用意された資料を一生懸命勉強する青少年の姿が印象的でした。その甲斐あって見事に全員が正解を答えていただきました。途中、雨が降る場面も有りましたが直に再開することができ、最後まで全員が完走する事ができました。CIMG1277雁が原スキー場 冬はスキーやスノーボードで賑わいますが、夏はモータースポーツの会場として知られています。

CIMG1294 CIMG1295レーシングカートを組み立てペイントをしています。グループで話し合い塗装されたマシーンはそれぞれ個性的に仕上がりました。

CIMG1305CIMG1304皆さん慣れるのがとても早くて大人顔負けのハンドルさばきでしたよ。

CIMG1314暑い中でしたが、いっぱい汗をかいて思いっきり楽しんで勝山の魅力を感じて頂けたのではないでしょうか。青少年の笑顔を見ていると、将来地元愛に溢れる青年に成長し、勝山の明るい豊かな社会に貢献できる人材となって頂けるのではないかと感じました。

当日は沢山の御参加を頂きまして心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。また、御後援いただきました勝山市エコミュージアム協会様、福井新聞社様、御協力いただきました勝山市教育委員会様、誠にありがとうございました。

カテゴリー: 事業, 例会

7月例会「岐阜県高山市まちなか視察」

昨年よりジオパークに関する事を色々と学んできました。そこでジオとまちづくりの接点を明確にするべく、7月例会では「岐阜県高山市まちなか視察」と題してまちづくりに特化している高山市を視察してきました。勝山市に足りないもの、また勝山市にはない魅力を感じとり今後の勝山市のまちづくりに活かします。

本年度、日本ジオパークへの登録を目指している高山市内、また道の駅を視察しました。高山市内では高山市役所観光課の南元様に古い町並みをはじめとする観光名所、お土産処などを案内して頂きました。その際に今問題となっている点、これから改善していく点など様々なアイデアと工夫を説明してくださいました。IMG_1815IMG_1816

日本一面積の大きな高山市。まちなかに各地域の特産品を集めた飛騨高山アンテナショップがありました。地域の特徴が一目で分かります。IMG_1817

高山商工会議所の大洞様とまちづくりについて、今行われている様々な取り組みや今後の課題・問題点を話し合いました。観光産業としては一歩も二歩も勝山市より先を行っている高山市ではありますが、少子高齢化やドーナツ化現象、若者がまちなかに定住しないなど勝山市と同じような問題点を抱えていました。IMG_1814IMG_1813中部縦貫道の整備や、北陸新幹線の延伸により益々増えると思われる観光客。この観光客に対しどのように対応していくのか。今回の例会を通し勝山青年会議所として勝山の更なる発展につなげていきたいと思います。

今回、お世話になりました 高山市役所観光課 南元様、高山商工会議所 大洞様 本当にありがとうございました。

カテゴリー: 例会

7月臨時総会

7月臨時総会が開催されました。  IMG_1812

臨時総会では2017年度(公社)勝山青年会議所理事長予定者和田 晃幸 が推薦され、全会一致にて承認されました。IMG_1810

理事長予定者予の和田君からは来年度に向けての抱負が語られ、いよいよ次年度に向けての準備のスタートが切られました。IMG_1811

カテゴリー: 一般記事

8月事業のお知らせ 「KARTsuyamaで学ぼう!」が開催されます!

梅雨が明け本格的な夏がやってきました。小学生の皆さん、この夏にしか出来ない楽しくて貴重な体験をしてみませんか?この度(公社)勝山青年会議所では8月事業としまして平成28年8月7日(日)「KARTsuyamaで学ぼう!」を開催いたします。

解説を交えながらのカートの組み立てから始まり、ジオを学びながらの走行と盛り沢山の内容を準備しております。下記よりお申し込み下さい。皆様の参加を心よりお待ちしております。

KARTsuyamaで学ぼうちらし表

KARTsuyamaで学ぼうちらし裏

カテゴリー: 事業, 例会

6月例会「カフェ山 motto(異業種交流会)」

6月例会「カフェ山 motto」と題して異業種交流会を開催しました。当日は20代から30代を中心に、沢山の一般参加者を交えて仕事の事や地域の事について話し合いをしました。勝山に住む若者同士の年代、職業を越えた出会いと交流を通じて新たな変化、価値を見つけて頂けたのではないでしょうか。IMG_1668 山川理事長の挨拶から始まります。独特の緊張感を参加者の皆様に感じて頂きました。

IMG_1669山本委員長の柔らかい進行で話し合いが進みます。

IMG_1671これから勝山を担っていく若者の意見や思いを聞くことによって、勝山青年会議所の役割を明確にし地域の発展に繋げていきたいと思います。

IMG_1670活発な意見が出され、それを勝山青年会議所メンバーがまとめ発表しました。

同じ地域に住む若者同士が結束し、手を取り合うことがこれからの勝山を盛り上げるために必要不可欠です。皆様の積極的な事業の参加をお待ちしております。当日ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 例会

九頭竜川クリーンアップ作戦参画事業

5月22日に「九頭竜川クリーンアップ作戦」が開催されました。当日は多くの方々にご参加いただき本当にありがとうございました。

市内では恒例の行事となりましたクリーンアップ九頭竜川事業を今年度よりアドプトという手法に移行することにしました。この手法は他県での実績もあり、清掃活動が継続して行われていく手法の一つです。今回は、県内の川をホームに川清掃などの呼びかけ活動をするドラゴンリバー交流会が開催する「大野・勝山合同クリーンアップ作戦」への参画という形でアドプトの一歩を踏み出しました。IMG_1673 IMG_1674長年にわたり行われてきた市内の九頭竜川清掃は勝山市民にしっかりと根付いていて、環境美化意識の高を改めて感じることができました。IMG_1675 IMG_1676勝山漁協さんと稚アユの放流を行いました。

河川は上流域を綺麗にすることが下流域を綺麗に保つことにつながります。北陸屈指の大河川「母なる川」九頭竜川を大切に守っていきたいと思います。

カテゴリー: 事業

5月例会「勝山JC米を作ろう!」

5月例会「勝山JC米を作ろう!」と言う事で、勝山の食文化に触れる事を目的とし、手作業で田植えを行い農業の大変さやお米の知識、食べ物のありがたさを体験しました。今回は勝山市内の幼稚園児をお招きし、大人と子供が一緒になって田んぼに入り、手を取り合い苗を植えました。天気にも恵まれ雲ひとつない青空の下、子供たちのはしゃぐ声と勝山の大自然に癒されました。この体験を通じて食べ物を作る苦労や大切さ、人と人とのコミュニケーションの大切さを改めて知る事が出来ました。また、園児たちも勝山の人や自然がもっと好きになり、初めての体験をした事で新しい物事へのチャレンジ精神が生まれた事と期待しています。

今例会では外部協力者として田んぼ所有者の中村様、指導員の農協様、勝山中部幼稚園様、成器南幼稚園様のご協力を頂きました。大変大変お世話になりました。ありがとうございました。

CIMG1032山川理事長より園児達へ優しい挨拶から始まりました。強面のおじさんばかりでチョット引き気味の園児たち。

CIMG1042中村委員長より福井のお米について簡単なクイズが出されました。真剣に考える園児たち。

CIMG1050 - バージョン 2農協のお兄さんの説明を聞いてこれから田植えです。農協様ありがとうございました。

CIMG1069 - バージョン 2 最初は田んぼに入るのに少し抵抗があったようですが直に慣れてくれました。

CIMG1112 - バージョン 2 時間が経つにつれ、どんどん一人で植えて行きます。たくましい!

CIMG1143IMG_0393一時間半位の時間でしたが上手く植える事が出来ました。園児のみんなありがとう!(勝山市荒土町境の中村様の田んぼをお借りしました)
IMG_0394このお米が収穫出来る秋が楽しみです。

CIMG1142最後に記念撮影です。ご協力を頂きました保護者の皆様ありがとうございました。

カテゴリー: 例会

平成28年熊本地震募金活動のご報告

熊本地震にあわれました皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

(公社)勝山青年会議所では4月30日に勝山サンプラザ様の正面入り口にて、「平成28年熊本地震災害支援金」の募金活動を実施させていただきました。お昼と夕方の2時間の活動でしたが沢山の方にご協力をいただき、合計61,552円の支援金をお預かりしました。ご支援いただきました皆様、本当にありがとうございました。また、活動の場を提供して下さいました勝山サンプラザ様にも感謝申し上げます。皆様からお預かりした支援金は、(公社)日本青年会議所を通じて被災支援活動及び復興活動資金等に使用させていただきます。
熊本募金

カテゴリー: 一般記事

4月例会「勝山鍋を作ろう」

勝山にふさわしい鍋を考えよう!と言う事で4月例会では「勝山鍋」をメンバーで考えました。趣旨説明の後、さっそく調理に取り掛かります。当日はメンバーが4班に分かれ、各班で話し合い考え抜かれた勝山らしいい鍋が調理されました。各班とても個性的な鍋が調理されて行きます。男性ばかりで少し不安な部分もありましたが、とても美味しい鍋が完成しました。CIMG1008例会セレモニー 山川理事長の挨拶です。

CIMG1013山本委員長率いるA班は「勝山の雪」をイメージした白い牛乳鍋を調理。白の中に緑やオレンジと彩り、まろやかでコクのある鍋でした。

CIMG1010山川理事長率いるB班は勝山の郷土料理「ぼっかけ」を鍋にアレンジしたぼっかけ鍋を調理。ぼっかけのダシを使用したあっさりした鍋でした。シメには焼きおにぎりにダシ汁をかけたお茶漬けが用意され皆の関心を集めていました。

CIMG1012中村委員長率いるC班は勝山の大地「ジオパーク」をイメージしたカレー鍋を調理。ちょっと辛めのスープに、大きめのジャガイモで岩のゴツゴツ感を出し、ゆで卵で恐竜の卵を表現しました。

CIMG1019梁川監事率いるD班は地元の野菜「勝山水菜」と地元の「ホルモン」を使用したホルモン鍋を調理。味噌とニンニクが食欲をそそり、口の中で勝山水菜の香りが合わさる独特の風味を出していました。シメはうどんを入れとても好評でした。

CIMG1020 - コピー勝山らしさや美味しさ、見た目など厳密な審査が行われました。

CIMG1021審査後、皆で会食し各班の鍋を味わい意見を交換していました。

CIMG1023審査結果はホルモン鍋「勝や菜ホルモン鍋」が優勝。どれも美味しく工夫された鍋でした。4月例会を通してより一層メンバーの団結力、連帯感、企画力が高まりました。当日はオブザーバーにもご参加頂き、勝山青年会議所を知って頂く良い機会になれたと思います。また、会場のご協力を頂きました万賛館様、本当にありがとう御座いました。

カテゴリー: 例会

3月例会「JC愛の共有 ブロック・ロム意見交換会」

3月14日に福井ブロック協議会をお招きして3月例会「JC愛の共有 ブロック・ロム意見交換会」を開催しました。福井ブロック協議会は本年度、「自利と利他の調和による心ある福井の実現」をスローガンに掲げ邁進しています。その福井ブロック協議会の本年度の取り組みをメンバー全員で理解すると共に、勝山青年会議所の各委員会方針を福井ブロック協議会役員の方々に共感して頂きました。当日は様々な質問が飛び交うなか、お互いの各委員長が分かりやすく説明して下さいました。

CIMG0943福井ブロック協議会 河合会長の挨拶

CIMG0945勝山青年会議所 山川理事長の挨拶

CIMG0939CIMG0950福井ブロック協議会 各委員長の事業説明

CIMG0940

CIMG0958勝山青年会議所 各委員長の事業説明

CIMG0992

福井ブロック協議会との連携をさらに深め、意識の高さや取り組み方をお互いに共有する事ができ、勝山JCの良い活力になりました。

カテゴリー: 例会