10月例会 「みんなで 努(ド)・実(ミノ)る!!」

2015年度の私たち勝山青年会議所の事業も残りわずかとなってきました。様々な事業を行うなかで、メンバーそれぞれが、新たな経験や気づきを得ることができたと思います。また、新たな仲間も増えました。その新たな経験と新しい力をメンバーで共有し、2015年度の残りの事業、また次年度以降に向けて、私たちはさらにキズナを深め、団結力の向上を目指すことが必要であると考え10月例会 「みんなで 努(ド)・実(ミノ)る!!」を開催いたしました。
2日間という時間を使い、ドミノ倒しをメンバー全員で並べるところから行います。約26000個のドミノを並べることは、一人の力では不可能です。しかし、私たちメンバー全員の力を終結し、協力し合うことで初めて達成できることです。メンバー一人ひとりが集中し、一つ一つのドミノを並べ、壮大なるドミノの道を完成させたとき、達成感はもちろんですが、それを共有した仲間とのキズナは、今以上に深くそして、強固になることと思います。その堅いキズナと団結力をもって、本年度そして来年度以降に向けて、さらに「なくてはならない存在」になっていくことを期待します。
1447208849638

1447208747103

1447208762051

1447208741018

カテゴリー: 一般記事

クリーンアップ九頭竜川2015座談会

まちづくり事業として11年継続されたクリーンアップ九頭竜川事業の今後の在り方を検討する上で必要となる、これまでに協力していただいている協力団体の皆様とクリーンアップ九頭竜川事業をこれまでに大きく成長させた先輩方と当初からの思いや現状の意見、さらには趣旨でもある今後の在り方について多くの意見を交わす事ができました。これにより数年前より意見として謳われていました青年会議所が主催から退き、クリーンアップ九頭竜川事業を市民活動として根付かせる事への大きな一歩となったのではないかと考えます。

DSC_0503

カテゴリー: 一般記事

8月例会 「勝山を見詰め直す」

勝山の魅力を語って下さい、と言われて、どれだけのことを語れるでしょうか。身近なことほど実は分かっていないものであります。勝山のジオパークを始め、歴史遺産を実際に見て回ることで、改めて勝山の魅力を知り、明るい豊かな未来のために勝山を隅から隅まで勉強しようとの想いの下、8月例会「勝山を見詰め直す」が開催されました。

【樫ヶ壁(かしがかべ)】
平泉寺町壁倉から大野市花房の方向に続く高さ約50m、延長約1.2㎞の断崖は、地元の人からは「樫ヶ壁」と呼ばれています。経ヶ岳火山の岩屑なだれによって流れ下った岩屑なだれ堆積物で形成されている壁です。一旦は、その岩屑なだれ堆積物が九頭竜川の河床を埋め立て、その後、九頭竜川に大きく浸食されたものと考えられます。

DSC_0455

【大矢谷白山神社の巨大岩塊】
大矢谷白山神社境内では、経ケ岳火山の山体崩壊に伴う岩屑なだれによって運ばれてきた20mを超える巨大な岩塊が見られます。この巨大な岩塊は、約3~4万年前に経ヶ岳火山の不安定な部分が繰り返される地震活動などにより、山頂付近から崩れ落ちてきたものです。

DSC_0457

DSC_0464

DSC_0466

DSC_0469

【はたや記念館ゆめおーれ勝山】
明治38年(1905)から平成10年(1998)まで勝山の中堅機業場として操業していた建物を保存・活用した繊維ミュージアム。勝山市の繊維の歴史や技術が学べ、体験できる施設で、国の近代化産業遺産、勝山市指定文化財に指定されています。
勝山市の気候は、盆地地形の影響を受け夏冬問わずに多湿なため、絹を機織する時に切れにくいことなどの要因が重なって、この地に絹織物業が芽生えたと言えます。勝山市の絹織物(繊維産業)の発達は、気候、地形、豊富な地下水などの自然環境によるところが大きいと言えます。
今回はメンバー全員で機織り体験を行い、コースターを作成いたしました。

【国史跡白山平泉寺旧境内】
平泉寺は、霊峰白山(標高2702m)の越前側登拝口に開かれた白山信仰の拠点寺院で、今から1300年近く前、泰澄によって開かれたと伝えられます。
中世には北陸でも有数の勢力を有するようになり、現在の白山神社よりもはるかに広大な境内に、数十の堂や社、数千におよぶ坊院が建ち並んでいたといわれます。
今回、白山平泉寺歴史探遊館まほろばにて史跡平泉寺の歴史、自然、文化について学んだ後、国史跡白山平泉寺旧境内へと向かいました。
勝山市民である我々にとって平泉寺はとても身近で、歴史もある程度知っていましたが、今回ジオガールの方々の説明を聞いて今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができました。

DSC_0472

DSC_0476

DSC_0473

DSC_0474

【壇ヶ城跡】
水無山の南麓で、堀名中清水に位置する山城で、朝倉氏家臣嶋田氏の居城跡である。

DSC_0477

【西光寺の大杉】

DSC_0487

今回勝山市役所ジオパークまちづくり課 ジオガイド様に説明をしていただきながら、バスにて改めて勝山を見て回りました。普段、何気なく通っている道でも知らなかった見所があり、知っていてもガイドの説明を聞くことで、全然違った見方が出来ました。今回勉強したことにより、友人・知人、また勝山を訪れた観光客などに恐竜渓谷福井勝山ジオパークというものを紹介できるものと思います。

DSC_0479

カテゴリー: 一般記事

7月例会「飛ばせ!勝山ロケットエネルギー」

当日は猛暑の中にもかかわらずお越しいただきありがとうございました。熱いカレーうどんのふるまいは大好評でイベントの終了を待たずに用意した分すべて配りきりました。

DSC00619

訪問いただいた方々にお配りしたチラシを基に、青年会議所メンバーよりロケットストーブについての説明をさせていただきました。訪問いただいた方々は、特に剪定した庭木や山の木や流木等が燃料になるということ、薪ストーブに比べて少ない量ですむということに興味を持っていただけました。またロケットストーブ作成実演時には、作り方のコツや使い方など様々な質問を受け、関心度の高さが窺えました。

DSC00643 DSC00642

 

カテゴリー: 一般記事

えちぜん大仏もんぜん市&夏祭りに参加いたします!

7月25日(土)に越前大仏で開催される『えちぜん大仏もんぜん市&夏祭り』に勝山青年会議所も出店いたします!そこでは勝山市に合った再生エネルギーの紹介やそれを用いて実際に料理を行い、皆様に目で見て、実際に使用していただき、更に味を楽しんでいただくという催しを企画しておりますので、お誘い合わせの上、是非是非お越し下さい!勝山青年会議所メンバー一同お待ちしております。

カテゴリー: 一般記事

6月例会 ロケットストーブでBBQ!

メンバーの倉庫をお借りして、4機のロケットストーブによるバーベキューを行いました。バーベキューでは、メンバー間がお酒等を飲み交わし、絆が深まったことと思います。また、卒業生への質問タイムを設けました。質問タイムは、卒業生以外のメンバーが卒業生に向けての質問を用紙に記入し、それに卒業生が応答するというものでした。質問の内容は想像以上に多く、また内容の濃いものがたくさんあり、卒業生の応答も大変熱い内容での応答となりました。司会進行を担当した塾生にとっても貴重な体験となり、ただ読み上げるだけでなく、自分なりに質問の内容を読み取り、似た質問を同時に聞くなど、工夫を凝らしている姿が心強く感じました。卒業生と卒業生以外のメンバーとの距離が縮まると同時に、卒業生それぞれが考える勝山JC魂の継承に繋がった貴重な時間を得られたのではないかと思います。

また、倉庫近くの九頭竜川には沢山のホタルがいて、勝山の環境が確実に良くなっていると実感できた夜でもありました。

カテゴリー: 一般記事

5月例会 クリーンアップ九頭竜川

5月17日にクリーンアップ九頭竜川が開催されました。日曜日にも関わらずクリーンアップ九頭竜川始まって以来最多となる、約1430名の方々にご参加いただきました。回収したゴミの量も燃えるゴミで1570kg、燃えないゴミで790kgと去年に比べ約250kg増加いたしました。皆様のおかげで九頭竜川が清掃しなくてもよい川にまた一歩近づけたのではないかと思います。

その他の写真はここをクリック

弁天13弁天15 弁天11

 

また清掃後には鮎の稚魚の放流を行いました。夏には成長した鮎が元気に泳ぎ回る姿が沢山見られることでしょう。

IMG_0570

カテゴリー: 一般記事

4月例会 魂を燃やす現場

勝山市消防署にて、消防署員の皆様にご指導をいただき、日々の訓練の一部を4月例会にて取り組ませてもらいました。はじめに各個訓練を実施し、気をつけの姿勢など基本的な行動を学び、規律ある行動をするための基礎を体験することができました。次に救急救命講習を体験。人工呼吸や心臓マッサージ、AEDの使用方法など、1秒を争う場面で対応ができるように学びました。また、消防服や酸素ボンベをまとった状態から4階までホースを運ぶ体験を行い、少しでも早く現場に辿り着くには、体力をしっかりと充実させる必要があることを学びました。さらには放水訓練で水圧の重さを、そしてロープ登攀訓練では、高所での作業の怖さを克服する精神力の大切さを実感することができました。

短い時間ではありましたが、消防士の皆さんが取り組んでおられる訓練を実際に体験し、魂を燃やす現場を知ることで、己に克つ力を高めることができ、輝りと輝く存在に近づくことができたのではないかと思います。また、青年会議所の理念である明るい社会を築くためには、安全・安心についても考慮すべきであることを感じることができたのではないかと考えます。

 

 

1432270754262

1432270740092   1432270628624

消防士の方が実際に現場で使用する装備を着用させていただきました。着用するだけでも非常に大変です。

 

1432270718352

放水中のホースにかかる水圧に必死に耐えるメンバー。

 

1432270688903

ロープ登攀訓練では地上3Fという恐怖と腕力との戦いでした。

 

 

1432270657310

救命救急講習では1秒を争う時間との闘いを身をもって体験しました。

カテゴリー: 一般記事, 例会

今年も7つの会場を清掃します

登録いただいた企業・団体様には事前に清掃会場をご案内いたしますので指定の会場にお越しください。一般・当日参加者はお近くの会場に直接お越しください。

クリーンアップ会場2015地図

 

カテゴリー: 一般記事

5月17日にクリーンアップ九頭竜川が開催されます!

本年度も多くの団体・企業の皆様よりご協賛いただき誠にありがとうございます。5月17日にクリーンアップ九頭竜川2015を開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

新しいビットマップ イメージ

カテゴリー: 一般記事